記憶と記録として

先日、実家でずっと住んでいた愛猫が旅立ちました。19歳のおじいちゃん猫でした。

やはり歳のせいもあって若い頃よりもかなり痩せて首輪なんかもキチキチだったのがスカスカになってきていたのですが、よく食べて元気でしたが先週実家に帰った時にかなり弱っている感じでもしかしたらと両親から言われていました。

旅立つ前夜にかなり状況はよくない覚悟しといてと電話がありました。

次の日に気にしながら仕事をしていたのですが、連絡もなく持ち直したと思っていましたが、両親が僕に気遣って夕方の仕事の終わりかけにLINEで「旅立ちました」とありました。

覚悟もしていたし歳も歳なので仕方ない事だと思えると思っていましたが、LINEを読んだ直後動けなくなりました。ポッカリ穴があくとよく言われますがそんな感じです。

一気にその猫との思い出が蘇り虚ろな感じになりました。

その日はそれで仕事が終われたので実家に戻る事にしました。

実家に戻り対面すると静かに横たわって眠っているようでしたがもう温もりはなく動かないんだなって・・・

もう一匹いた猫も3年ほど前に先に旅立ちもう実家に帰っても二匹ともいないんだと思うと寂しいく感じます。

約20年前僕がバス釣りに行った先でこの子達はいました。その当時はまだおそらく生後一ヶ月ほどだったのでしょう。二匹とも手のひらに乗るぐらい小さな子でした。

動物は好きですが、一人暮らしでペットを飼おうなんて思っていなかったのですが気がついたらバス釣はせずにその子達を車に乗せてペットショップに走り最低限必要なものを買い込んで帰りました。


約半年ほどは一緒に住んで本当に猫中心の生活になっていたのですが、色々な諸事情で実家に預ける事にしました。両親もびっくりしていましたが元来動物好きなので飼ってくれる事になり、実家には犬もいたので中々賑やかな感じでした。


当時、実家からそこそこ遠いところに住んでいたので滅多に実家には帰らなかったのですが、預けてから数ヶ月後に実家に戻ると母親に抱っこされて出迎えてくれました。その時には僕をみてびっくりしたのか母親の腕を蹴って逃げて行きました。これにはちょっとイラっときましたね!拾ったの俺やのに忘れて知らん人やおもて逃げやがった!まぁ〜その頃にはすっかり母親に懐いていましたね。


そこからは実家にあの子達がいるのが当たり前になって元気にすくすく育ってくれていました。本当に両親には感謝です。しっかり面倒見てくれたので歳をとっても毛並みの綺麗な美猫でした。


僕もすっかり犬派から猫派になり猫ブーム前からの猫好きになっていました。なので猫ブームににのっかてると思われると心外です!仕事柄お客様とは色々お話をしますが基本はお客様を立てなければならない立場ですが、猫を飼われているお客様とは本気でウチの子の方が可愛いと言い張っていましたね。


生きているものには必ず死は訪れます。そんな事はわかっているつもりでした。でも実際に目の当たりしないと実感は湧きません。今から3年前に拾った片割れの三毛猫の体調が悪くなり腎臓を悪くしたようで食事もままならなくなって日に日に痩せていく姿を見て初めて死ぬという事を意識しました。

その日は突然朝にやってきました。

起きると母親から聞かされました。

この子も静かに眠っているようでした。

仕事があるので出勤しましたが、不安定になっていたのでしょうね。スタッフからどうかしたの?と言われました。

三毛猫は雌で体も小さかったのですが、もう一匹の茶トラは雄で大きかったのでその時はまだまだ元気でしたが、わかるのでしょうね。寂しそうでした。


それから3年大きな病気もなくおそらく老衰だと思うのですが、静かに茶トラも永眠しました。

両親の話だと苦しまず安らかだったと・・・

いなくなったのは悲しいし寂しいですが、いつかは来る事です。ただ苦しまず安らかに迎えれた事だけが何よりも嬉しいです。

本当に両親には感謝してもしたりないです。愛情いっぱい注いでくれて最後まで面倒見てくれました。きっとあの子達も幸せだったと思います。


父親が茶トラを三毛猫の横に埋めて花の種をまくと言っていました。次に実家に帰った時にはただいまと声をかけに行きます。


三毛猫・・・ひなた(享年16)

茶トラ・・・長介(享年19)

本当に今までありがとう。

ずっと忘れません。

この子達に出会えた事に感謝します。

aoではLINE@に友達登録するとそこからご予約やスタイルのご相談などができます!

よかったら友達登録のボタンをポチっとお願いします!!

今すぐリアルタイムでご予約状況をお知りになりたい方は下記の電話番号をポチっと押してください!

LOKAHIHAIR ao

マンツーマン接客でお客様にはリラックスできる空間をご提供しています! 多くの方の悩みがハリコシの減少、細毛、白髪などです。それをカバーするためのパーマやカラーで髪に多くの負担をかけないように施術をさせて頂いています。お客様がご自身の髪をずっと触っていたくなるようなサラサラの髪で笑顔になってくれると嬉しいです! 親子3世代で通って頂けるような美容室です。

0コメント

  • 1000 / 1000